リーダーシップ(身分不相応)2

 

彼を庇うつもりはないですがと、前回書きました、全て前・篠竹監督の真似をしているとね。

 

選手は監督と対等に話が出来ない、ワンクッションおいて監督が指示を出したり、意見を聞いたりすると。

言いましたよね、なのに何で選手に直接指示をするんですか、コーチ13名から居るんですよ。

 

もし監督が選手にいちいち指示を出していたら、コーチの仕事がないでしょう。

マスコミも少しは分かっているみたいですけど、言わないですよね。

 

宮川君がマスコミに出て色々話をしていましたが、可笑しくないですか。

 

1.  井上コーチから相手の選手を潰せろと言われたと、監督の所に行って「相手のクオーターを潰します」から使って下さいと、言えと、言われたと、発言。この発言可笑しくないですか。

 

2.  相手を潰すとは、怪我をさせて来いと、そんな事「誰が言う」と思います  、常識で考えても可笑しい。

 

3.  宮川君は、高校生の時から(井上コーチの弟子)凄く可愛がって頂いたコーチの事を、恨みがあるかのように喋っていましたけど、喋ってる事が辻褄が合わない。

 

4.  監督は全てボールを追い続けていますよ、横で何が起きているのか見てないです、どのスポーツでも同じです、テコンドーの試合はもっと凄い事を発言しますよ、何年か前に試合で倒れている選手が起き上がって来たのを目掛けて、回し蹴りして選手に怪我をさせて「ヘラヘラ笑っていた」から呼び出して「気合を入れた」事があります、この時の「気合いとは」何だと思いますか、スポーツ界では色々言い方が有るんですよ、それを今の子供達に分かるように教えないといけないですね。

 

私は誰の味方をするわけではないですが、危機管理に携わる人間として「公平」に見ていて発言しますよ。

少しは「学生」の方に傾いていますが、今回の記者会見はなんか「違和感」があります。

私達「教員」は常に学校の事や学生の事を考えて日々生活しています、それなのに宮川君は何を目的に考え、発言しているのか分からないし、誰かに言わされているのか、そんな頭の良い学生には・・・。

 

良いですか、人に頼まれ「発言する」と言う事は、賢くないと出来ないんですよ、何故なら「矛盾発言」をすると、誰かが見ていて追及するからです、今の「マスコミ」は大勢の人間でかかってきますから、太刀打ち出来ないです。

相当な「知能と根性と発言力」が備わってないと、人前に出てもやり込められてしまいます。

人間恐怖症になつてしまいますからね。

 

何十年か前の、西武ライオンズの広岡監督の事を考えてみれば良くわかりますよね、コーチにさん(今はハワイに住んで居ます、良くハワイに行ったら、一緒にゴルフします)が居て強かったですよね、その時代の事を考えてみたら如何ですか。

 

当時の西武の野球選手は広岡監督と直接話が出来なかったんですよ、マスコミも皆さんご存知ですよね。

選手が何か言いたい事があれば、森コーチに話をして監督に伝えてもらう、そうしないとコーチの役目がなくなるんですって。

 

ゴルフをしながらそんな話を聞いた事があります、皆さん如何だと思いますか。

その真似をしてるとは言わないですが、彼の常務室の部屋に「広岡監督の本が」置いてありましたよ。

 

その隣にフェニックスの監督しか持っていない帽子が、埃を被って置いてありましたから、丁寧に挨拶して「戴きました」この写真ですよ。

使わないで置いてても何の価値もない、私が有効利用(ゴルフをする時に使います)してあげます。

 

余談はさて置き、上記の事や宮川君の話や色々の事を鑑みて、皆さんはどのように考えますか、これから世間に出て行き、必ずぶつかる事象ですよ。

 

相手の選手に怪我をさせたりする事は「絶対にやってはいけない事」これは原則ですよね。

 

如何(不可抗力)しても、相手に怪我をさせる事はあると思う、それは「人に喋れる事」ではないのです。

なのに宮川君は「公の場所に出て来て、ペラペラ喋る」何か意図があるように感じましたが。

 

我が家の住職は「やってはいけない事を、犯した場合は」全てを喋らず「墓場まで」持って逝くように、教えられました。

この事は「相手もいるし、こちらにもいる」からなんです、双方が嫌な思いをするから、一人だけ犠牲になり自分を律するんですって。

 

今回の件は「初動対応」の不味さです、直ぐに「総長、監督」が前面に出て対応すべきでしたね。

彼に当てはまる言葉は「牛の角をが刺す・角を蜂が刺しても牛は何にも感じない、全く効果のない事」と住職は言います。

井上コーチ・前監督が出て記者会見しても「早ければ早いで、言われるし、遅ければ遅いで・・・」