リーダーシップの取れる人材

リーダーシップには3種類のリーダーシップがあります。1つは会社(各団体等)のトップに立ちリーダーを発揮する人、2つ目のリーダーシップを発揮する人は、中間管理職(各団体のまとめ役)で会社の中を取りまとめる人、3つ目は何処でも必ずいる仕切りや、この人も仲間のリーダーであります。世の中のトップになるリーダーは全ての事に精通していなければトップリーダーにはなれない。トップになる為には毎日次の事をやらなければならない、先ず新聞(4代新聞)を読む、今日の世論を知る、世界情勢を把握する、経営の勉強をして精通しなければならない、自分の置かれている立場を把握し会社(各団体等)の隅々迄見て周り社員(同士、選手等)が何を必要としているのかを知っておかなければいけない。又トップリーダーに求めるものは、1自分を信じる心を持つこと、2先見の目を持って全てのものを引っ張っていかなければならない、3全ての事に対して強固な神経を持っていなければいけない、4決断力を持って毅然とした態度で判断をしなければならない。だからトップリーダーは孤独なのです。リーダーは人に言われて何かをやるのではなく、自分で何をやるのかを見つける、自分で考え行動し最後は決断するのです。私が大学の授業とか講演に行って話をし終わった後で、よくこう言う質問をされます、経営者のリーダーシップを鍛える学校とか専門学校とかは有りませんかと、残念ながら今の「日本にはまだありません」と答えざるを得ません。世間が少し誤解されている面がある、それは大学院で経営学を習得されたらみんながリーダーシップのある経営者になれると思っていることです、決して身につくわけではありません。大学院の経営学を習得すると言う事は、あくまでその人の持って生まれた潜在能力を引き出し、鍛え磨きあげてくれる一つの手段であります。リーダーシップはその場その場で見に就け、鍛え磨きあげられるものであります。大学院で経営学を習得したところで直ぐに会社(各団体等)の経営ができるわけではないと思われます。次に大手の会社には良い人材が育つというが、人の数が多ければ優秀な人材が育つ確率は高いわけです。この育った中間管理職(10-15年勤務・会社とはどう運営するか・経営者とは・お金はどう工面するか)が大手企業から学んだ全てをもって起業し独立をするのです。大手企業はこの中間管理職を会社に引き止める事が出来ないのです。それは大会社の抱える古いしきたりとシステムに引きずられているからです、優秀な中間管理職は無能な役員達に我慢が出来なく会社を飛び出してしまうのです。みすみす会社の宝物を逃がしているようなものです。この中間管理職が会社に居るならば会社の売り上げを何倍にもしているだろうに。大会社の役員さん自分の利益よりも、会社の利益を考えてみてはいかがでしょう。
日本大学 生産工学部・非常勤講師 渡邉 幸雄