危機管理(いい加減にやめろ)

 

貴乃花部屋の力士の暴行事件大変残念ですね、折角親方が撲滅しようとしたのに、まさかね、結局は皆んなに迷惑がかかるから、脱退して1からやり直す、若いからできますよね、又皆んなで応援しましょう。

 しかし、日馬富士の事件で批判を浴びた相撲界の暴力や隠蔽体質は、変わったのだろうか。そんな中、小誌は協会幹部の肉声テープを入手した。

 



「昨年、横綱・日馬富士が起こした暴行事件の経過をみていて、日本相撲協会の体質は何も変わっていないと思わざるをえませんでした。内部で何か問題が起きた時、やはり自分たちに不都合な事実には蓋をしたまま、一方的に解決を図ろうとするんだな、と。初場所中に発覚した春日野部屋での暴行事件の顛末にも、その体質が凝縮されているように思いました。春日野親方が弟子を守ろうとしなかったのは、実はそれが初めてではないのです」

こう憤るのは、春日野部屋に在籍した元力士・春日錦の支援者A氏である。

元前頭の春日錦は、20111月、現役を引退して竹縄名跡を襲名。名門・春日野部屋の部屋付き親方として歩み始めた直後、角界の屋台骨を揺るがす八百長問題が火を噴いた。関与を認めた春日錦は、相撲協会の特別調査委員会の調査に協力し、角界を去った。

だが、八百長問題のキーマンとされた春日錦は、調査の過程で、事態が思いもよらない方向に進んでいくことに不信感を抱き、関係者とのやりとりを録音して残すようになっていた。その中には、部屋の師匠・ 春日野親方(55)も含まれている。

たとえば、八百長問題の調査が佳境を迎えていた11330――

春日野 お前がを認めているというのは全然問題ない。だけど、その後だよ。いろいろ出てきているよな。全てお前の口から出てきているよな? 

春日錦 自分と(同じく八百長への関与を認めた元前頭の)千代白鵬です。

春日野 千代白鵬を信用するなよ。もう知れているぞ。ある人からな、春日錦が41日でクビになった時点で全て暴露すると言っているって。本当のこと? 

春日錦 いえ、ないです。それをしないようにってことで。そんなことしたくないんでハッキリ言って。かっこ悪いじゃないですか。

 

以上のこんな記事が載っていました、上記の事は前々からあった(八百長)事です。

私がこのホームページに書いてあります、昭和40年代には皆んなちゃんとした関取は、嫌な思いをしたんですよ。

前の放駒理事長(元大関魁傑)が八百長を撲滅しようと手を上げてやったんです、その放駒理事長に反して朝青龍元横綱がモンゴル力士を集めて・・・をやり出した、挙げ句に暴力事件で引退に追い込まれた。

当たり前と言えば当たり前ですがね。

 

昔は嫌な関取の親玉がいて(高・睦・龍)の三人が牛耳っていた、放駒理事長も嫌な思いをずっとしていました、大関を陥落したんですよ、二回も、この意味分かりますか。

 

今もモンゴル力士達・・・が、だから貴乃花親方が意義を申し立てているのです。

当時の貴乃花親方を朝青龍が潰し(怪我をさせる)にかけていたんです。

当時の総理大臣小泉首相が優勝トロフィーを渡したシーンをテレビで見るでしょう。あれが最後のシーンですよ。

顔はの様な顔(相撲を取り終わって)していたでしょう、どうだ見たかと。

あの顔が全てを物語っていましたね。

 

少し前に「千代の富士元横綱」が本当に悪かった「大鵬親方の記録を抜こうと」色々画策していたんです。

ある親方から「いい加減にしろ」と言われ引退まで、ガチンコ力士を毎日当てられて、最後は貴花田で引退した。

この時の千代の富士の優勝回数を見てみれば一目瞭然、大鵬親方の回数の一歩手前で引退でした。

当時の相撲協会から「辞めろ」と言われた様なものです。

 

その時の九重親方(北の富士元横綱)が「自分を庇って」くれなかったと逆恨みして、九重親方株(先代親方から千代の富士が譲り受けた)を直ぐに自分に返せと迫ったのは有名です。

本来なら横綱は2年間は親方として協会に居られるんですが、強引に「返せ」の一点張りでした。

 

北の富士元横綱は良い人でしたから、彼の要求に従ったんです(辞めて相撲の解説者をしていました)。

誰も言います「必ず、お天道様は見ている」とね。

九重親方(千代の富士元横綱)は60歳を前にして、天国に逝ってしまいました。

彼の事はwww.watanabeyukio.comのホームページに書いてあります。

 

上記の事と同じ事をやったんですよ、亡くなった方の悪口は言わないです、又言ってはいけないです。

亡くなる前に書いていますから、勘弁してください。