啓発(はっきり言うよ)@

 

 

201931日啓発(決定しました)と、私のホームページに掲載しました、文章を読んでくれた人からメールがたくさん来ました、その時のホームページ読んでくれましたか、皆さんどう思いますか。

 

 

私が何年も前に言った通りでしょう、ダメなモノはダメ、ダメな奴はダメなんですよと。

今回、毎日のようにマスコミや、色々な方から問い合わせが色々あるんです、でも本当の事は私は言いますよ。

いいですか、今回の日本大学の騒動には「理事長は関係ないです、ただ理事長は余り喋らないから誤解を招きますが」全くこの騒動には関わりも無いし、関係もないです。(世間は、トップが知らないは無いだろうと言いますが)

どうして私が断言できるかと言うと、何年か前に、理事長になる前に色々と話した事があった。

その時に理事長はこんな事を言いましたよ「人というモノは、頂点に立てば何にも出来ないものだと」。(その通りです、喋れば喋ったで、動けば動いたで、色々言われますからね)

それはどうしてですかと、私が聞きましたら「それは、相撲の言葉で満腹になれば『何もせず』」だと、言われた。

今は大学の横綱だから、何にもそんな嫌らしいことしなくても悠々自適に理事長職を全うすればいいとね。(色々な方が寄付をしてくれます、今回も頂いているなら、寄付で頂いたと言えばいい)

大学の歴史に名を残す事だけを考えて、日々生活をしているんだとね。

日々色々な方々から、寄付を頂いたり、又、色々な方が来るけども「断りきれない性格」だからね。

此れだけは言っておきますね、私は予言者では無いですよ。(勘違いしないで下さい)

日本大学事業部を牛耳っていた、井ノ口がやりたい様にやっていましたからね。

ポーランドで世界大会があった時に、ポーランドに井ノ口が来ましたから、事業部の経費で来ていたのかなと書きましたよね。

相撲の役員全員が集まり、ポーランドで励ましのパーティーが有りました、その席で「1度も話した事」が無い、井ノ口が、中に人を立てて、私に挨拶をしたいと言って来ました。

私は言いました「私に挨拶した所で、何にもならないよ」と、中に立ってる人間に言いましたけど、どうしても「挨拶」して名刺交換したいと、言いますから・・・。

 

会ってから、井ノ口に言いましたよ「私みたいなペーペー」に、挨拶しても何んにもならないよと。井ノ口は「とんでもないですよ」有り難いですと、言って帰りましたけどね。

中に立っている人間に言いましたよ「私と会って名刺交換」して、何か有るのかと、そうしたら「どうしてもと」言われましたからと、言いましたからね。

 

よく分からんね、何か「疾しい事でも」しているのかと、思ったら「案の定ね」何年も経ってからね。

名刺交換して直ぐに、アメリカンフットボール部の問題が出ましたからね(身分不相応なんですね)。

当時アメリカンフットボール部監督の内田は、私が教員の部で代表になり、労働者代表委員になる事を恐れて、反対の人間を擁立しましたからね。

これら全ての事を「日本大学・教職員組合」と要する人間達が、問題にして、今後「訴訟」すると息巻いていました(私は言いましたよ、辞めとけとね)。

井ノ口、内田の両名には、私は言ってあります「何をやっても良いけれど」上(理事長)の人間には、迷惑を掛けるなとね。

 

井ノ口は、今は逮捕され(理事長)に迷惑かけているけどね。

当時私に、内田は偉そうに言いましたからね、そんな事言われなくても「分かっています」とね。

この「分かっています」が、内田の命取りになりましたからね。

内田には言いましたよ、何十年も前なら問題にはならないだろうが、今は時代が違うとね、些細な発言でも今の世の中「問題」になるとね、それが分からない様では「自分で自分」の責任の取り方は知らないだろうと、聞きましたよ。(知らなかったね・最後まで常務の席にしがみ付いて居ましたよ)

次回を期待して下さい。