2019.5.15お祓い(鯉幟・こいのぼり)

2019.5.1リーダーシップ(ちょっと違うよ)

2019.4.15啓発(死ぬのは皆同じ、遅いか早いかの違い)

2019.4.1啓発(無念だと言われた)

2019.3.15リーダーシップ(優しく話しても分からない)

2019.3.1啓発(決定しました)

2019.2.15啓発(頭は生きている時に使うモノだ)

2019.2.1有難う(聞こえますか)

2019.1.15啓発(人生疲れたと感じたら・四苦)

2019.1.1謹賀新年(働き過ぎて体調を崩した)

2018.12.15謹賀新年(暖かい年は良い年と言われている)

2018.12.1啓発(本当にこころざした人間は、遊ぶ暇はない)

2018.11.15リーダーシップ(常に人の事を考えている)

2018.11.1リーダーシップ(危機管理も同じ)

2018.10.15啓発(憑いているモノを捨てろ)

2018.10.1啓発(言ってはいけない事がある)

2018.9.15啓発(ちょっと違うんではないの)

2018.9.1リーダーシップ(居なくなれば困る)

2018.8.15啓発(人間は欲の為に人生を・・・)

2018.8.1リーダーシップ(疲れていては尊敬されない)

2018.7.15危機管理(いい加減にやめろ)

2018.7.1 啓発(人生生きていくのに、3ついるモノの内、2つしか取れない)

2018.6.15 リーダーシップ(聞いていないようで聞いているよ)

2018.6.1 リーダーシップ(身分不相応)2

2018.5.23 リーダーシップ(身分不相応)

2018.5.15 運(何でも間違っていたら素直に謝る事)

2018.5.1 啓発(2)(クラチャンならルールを網羅しろ)

2018.4.15 啓発(ゴルフはルールを網羅する事)

2018.4.1 啓発(はっきりと発言する)

2018.3.15 啓発(事の大切さが)

2018.3.1 いい人生を過ごすには(間違った選び方をしない)

2018.2.15 危機管理(事の重大さが)

2018.2.1 危機管理・リーダーシップ2

2018.1.15 危機管理(リーダーシップ)日本航空2

2018.1.1 賀正・危機管理(リーダーシップとは)

2017.12.15 お正月(お正月が来る前にする事)

2017.12.1 危機管理(リーダーシップとは)

2017.11.15 人は我慢する(悪口を言わない)

2017.11.1 危機管理(心静かに)

2017.10.15 危機管理(思いのままに)

2017.10.1 心に決めたら

2017.9.15 思うままに

2017.9.1 心穏やかに(それが長生きの秘訣)

2017.8.15 何を悩むか

2017.8.1 ワールドゲーム2017

2017.7.15 啓発(忠恕とは)

2017.7.1 啓発(相手を思いやる)

2017.6.15 勘違い(ストレスになっている)

2017.6.1 ゴルフを始める前に(何が何でも学ぶべき事)

2017.5.15 心が晴れない(憂鬱だな)

2017.5.1啓発(エチケット・マナーを学ぶ事)前回に続き2

2017.4.15啓発(長ーい目で見てあげて下さい)2

2017.4.1啓発(マナー・ルールを勉強する事)

2017.3.15啓発(長ーい目で見てあげて下さい)1

2017.3.1啓発(将棋仲間でした)3

2017.2.15啓発(言うこと聞かないんです)2

2017.2.1啓発(いつからこんな話になった)1

2017.1.15「心優しい」岸壁の母より凄いですよ

2017.1.12017年休養

2016.12.15賀正 2017年(謹賀新年)

2016.12.1啓発(怒る、嘘つく対処法)

2016.11.15リーダーシップ(前々から言っています事が発表されていますよ)

2016.11.1 2016女子相撲

2016.10.15お祓い(良い人生でも、最後がね)

2016.10.1啓発 (子供は嘘をつくと一歩成長する、大人の嘘は駄目)

2016.9.15啓発 (代表は我々の税金で行っている事を分かるべきだ)

2016.9.1世界相撲選手権大会inモンゴル

2016.8.15風水(先ずは自分自身が「運気」を掴む事)

2016.8.1リーダーシップ(何事に於いても•••)

2016.7.15啓発(間違えていませんか)

2016.7.1啓発 疑惑の背景(こんなんで済まないよ)2

2016.6.15啓発 疑惑の背景(こんなんで済まないよ)1

2016.6.1現代帝王学(きれいごとばかりが表に出てる)

2016.5.15リーダーシップ(最後は自分の決断力だ)

2016.5.1啓発(昔のやり方は今の時代には通用しないよ)

2016.4.15リーダーシップ(あるんですよ、気持ちですがね)

2016.4.1リーダーシップ(いつまでも夫婦仲良くいる為には・・・)

2016.3.15啓発(自衛隊は国家のお金で運営されていますよ)

2016.3.1啓発(裸になれば肩書きは書いてないけど…)

2016.2.15啓発(やはり日本人の女性は大和撫子)

2016.2.1リーダーシップ(イエス、ノーをはっきり言う事が夫婦円満になるのか)

2016.1.15リーダーシップ(自分自身に対してイエス、ノーをはっきり言う事)

2016.1.1お正月(昔の事ですがちゃんと覚えましょう)

2015.12.15啓発(前に全日本テコンドー協会の会長:金原の器と書きました)

2015.12.1現代帝王学(本当に馬鹿な事を話すもんだ)

2015.11.15現代帝王学(親から教えて貰いましたか)

2015.11.1現代帝王学(褒める所が違う、この私のホームページを良く読んで)

2015.10.15間違えていませんか(幸運を呼び込む)

2015.10.1現代帝王学(皆何処も同じなんだけどな•••)

2015.9.15世界相撲2015

2015.9.1風水(体調が悪いどうすれば良いですか)

2015.8.15プロフェッショナル(鍛える事は出来ないが、整える事は出来る)

2015.8.1リーダーシップ(まだまだレベルに達してない)

2015.7.15方位(ちゃんと調べないと体調が悪くなるよ)

2015.7.1顔相学(パーソノロジー 人相科学 見える人には見えるんですよ)

2015.6.15現代帝王学(人は褒めるように)

2015.6.1啓発(親から直さないとね)

2015.5.15リストラ(黙って辞めてたまるか)

2015.5.1現代帝王学(親「親が知らない」から躾を習ってないからね)

2015.4.15風水(メダルを取るには、優勝するには、憑いてるモノを落とせ)

2015.4.1風水(心の整理と家の整理は同じ事)

2015.3.15啓発(物事の道理が分かるように教える)

2015.3.1現代帝王学(財産を持つ事は難しいが、笑顔や優しさは誰もが持てる)

2015.2.15啓発(誰か叱る人間は居ないのか)

2015.2.1リーダーシップ(いい人は出来ない)

2015.1.15心を鍛える事は出来ない(当たり前の事がなかなか出来ないし気がつかない)

2014.12.15謹賀新年(2015年正月)

2014.12.1良い関係を築くには「無関心」

2014.11.15帝王学(相手を非難する前に無関心であれ)

2014.11.1啓発(当たり前な事が評価されてる)

2014.10.15アジア大会

2014.10.1リーダーシップ(皆が持っているモノではない)

2014.9.15世界相撲選手権大会 2014

2014.9.1リーダーシップ(腹を立てない)

2014.8.15お盆(人の手助けがいる)

2014.8.1度量(人間の器量)

2014.7.15啓発(ちゃんと親が躾をしないと)

2014.7.1現代帝王学(当たり前が)

2014.6.15リーダーシップ(本当の話をするよ)

2014.6.1啓発(物事の道理が分かるように教える)

2014.5.15姿勢(リーダーシップの取り方)

2014.5.1帝王学(自分自身が頼り)

2014.4.15帝王学(言い方は違うが当たり前)

2014.4.1帝王学(常識を論じるな)

2014.3.15啓発(嘘は身を滅ぼす)

2014.3.1帝王学(焦らないこと)

2014.2.15啓発(度量の大きさ)

2014.2.1帝王学(良い事ばかりではない)

2014.1.15啓発(褒める事の難しさ)-続き-

2014.1.1正月(体調を整える)

2013.12.15啓発(褒める事の難しさとは)

2013.12.1批判(良く意味を知るべきだ 啓発)

2013.11.15啓発(はっきり言うよ)

2013.11.1コンバットゲーム

2013.10.15啓発(今までのこのホームページに書いてあるよ)

2013.10.1啓発(いい加減な事書いてるよ)

2013.9.15コロンビアもあぶない

2013.9.1運がない

2013.8.15第9回ワールドゲームズ

2013.8.1夫婦とは2

2013.7.15女子相撲

2013.7.1言い争いは(言ってはいけない事は言わないよう)

2013.6.15相撲

2013.6.1世界相撲

2013.5.15帝王学(次の世代には必ず)

2013.5.1啓発(言っても分からん人)

2013.4.15先人の言う事 (素直な気持ちになりましたか)

2013.4.1啓発(いい加減な考えを捨てなさい)

2013.3.15元 気ですか(気を感じる事です)

2013.3.1啓 発(同じ事の繰り返し)

2013.2.15ト イレの神様(最後まで愛せますか)

2013.2.1心 の底から「言えますか」

2013.1.15テ コンドーの仕組み

2013.1.1お 祓い(正月は)

2012.12.15啓 発(家は仕合わせを作る相棒です)

2012.12.1啓 発(必ず罰があたるぞ)

2012.11.15啓 発(心の中は見えない)

2012.11.1嫌 な人との付き合い方

2012.10.15ト イレに神様がいるのを信じますか

2012.10.1お 祓い(頭は北)

2012.9.15風 水(金運 健康はトイレから)

2012.8.23ロ ンドンオリンピック

2012.8.15方位(素直な心が健康)

2012.8.1帝王学(人を見抜く目をつける)

2012.7.15風水(肝心なのは素直な心)

2012.7.1お祓い(体調が優れません)

2012.6.15心(相手を思いやる)

2012.6.1啓発(リーダーシップはこうしたら、身に付く)

2012.5.15お祓い(誰の心の中にも鬼がいる)

2012.5.1お祓い(風水:体調が悪くなる前に)

2012.4.15お祓い(憑いているモノを祓わないと)

2012.4.1啓発(物事の通りが分かるように教える:三つのや) 

2012.3.15お祓い(夜寝れない)

2012.3.1啓発(物事の通りが分かるように教える)

2012.2.15啓発(漸く新聞紙上で取り上げてくれました)

2012.2.1お祓い(憂鬱です)

2012.1.15リー ダーシップ(嫌な顔をしていると)

2012.1.1お祓い(正月)

2011.12.15お祓い(運が良いですね)

2011.12.1現代帝王学(好きで障害者に生まれたのではない・・・)

2011.11.15お祓い(体調が悪くなった人)

2011.11.01啓発(思い通りには・・・)

2011.10.15啓発(親を何時間も待たすとは)

2011.10.2第16回全日本女子相撲選手権大会

2011.10.1現代帝王学(社長は誰でもなれるが運営は誰でも・・・)

2011.9.1 啓発(方位・風水を信じよ)

2011.8.15帝王学(夢は見るモノではなく・・)

2011.8.1 帝王学(オリンピックはこうすれば誘致できる)

2011.7.24第10回アジア相撲選手権大会・第5回アジア女子相撲選手権大会

2011.7.15 帝王学(世界・社会のルールは守る)

2011.72011年春川テコンドー選手権大会

2011.7.1 啓発(馬鹿な事をした、懺悔の日々と大阪・阪口理事)

2011.6.15 啓発 (父親「勝美」にモノの道理を・・・)

2011.6.1 啓発(行っていれば・・・)

2011.5.15 啓発(嫌で嫌でたまらなかった)

2011.5.15 WTF世界選手権大会

2011.5.1 お祓い(季節感を家にいれる)

2011.4.15 現代帝王学(カネは使うべき所につかう)

2011.4.1 啓発(人間とは醜いもの)

2011.3.15 2011神職者の修行風景

2011.3.1 現代帝王学(己の団体を見よ)

2011.2.15 啓発(だから言ったでしょ)

2011.2.1 リーダーシップ(度量の大きな人間)

2011.1.10啓 発(はっきり言うよ)

2010.12.30お 祓い(正月)

2010.12.20お 祓い(優しさ)

2010.12.6現 代帝王学

2010.11.17第 16回広州アジア競技大会

2010.10.19お 祓い

2010.10.14世界相撲選手権大会

2010.10.14相撲の世界大会がポーランド ワルシャワで開催中されました

2010.10.14神 職者の修行風景2010

2010.10.03 第15回全日本女子相撲選手権大会

2010.9.12 啓発(全てのスポーツに)

2010.9.5 第1回全日本女子相撲 郡上大会

2010.9.3 コンバットゲームズ2010in北京

2010.9.3 世界相撲連盟会長主催晩餐会

2010.8.25 思いやり

2010.8.6 心(の余裕)

2010.7.13 啓発3(大事な事を分からせる)

2010.6.19 心(相手を思いやる)

2010.5.30 心の余裕

2010.5.10 心2

2010.5.9 「心」の痛み

2010.5.8 現代帝王学2(姿勢)

2010.5.5 現代帝王学(姿勢)

2010.5.2 現代帝王学(疲労-悩み)

2010.4.26 第19回アジアテコンドー選手権大会

2010.4.12 現代帝王学(能力)

2010.4.2 プムセ審判講習会

2010.4.2 ジュニア強化育成合宿

2010.4.2 平成21年大学院卒業式

2010.3.20 ゆとり

2010.2.25 「ゆとり」の必要性

2010.2.18 啓発2

2010.2.8 仕合わせを招きたいなら

2010.2.8 都合のいいものばかり表に出すな

2010.2.8 都合のいいものばかり表に出すな2

2010.2.8 心身一如2

2010.1.12 心身一如

2010.1.12 千手観音

2010.1.12 御祓い7

2010.1.12 御祓い6

2010.1.12 御祓い5

2010.1.12 御祓い4

2009.12.12 第52回オールスポーツマンゴルフ

2009.12.12 韓国相撲視察

2009.12.10 三年先の稽古

2009.12.08 啓発

2009.11.04 2009 オープン大学院 in 東京

2009.10.26 貴方ならどうします?

2009.10.22 なぜ働くか

2009.10.20 神社の大祭の模様

2009.10.20 第14回全日本女子相撲選手権大会

2009.10.19 リー ダーシップの取れる人材

2009.10.07 座敷わらしのこと

2009.09.08 ホームページリニューアル

2009.08.21 ホームページリニューアルサンプル作成

お祓い(鯉幟・こいのぼり)

 

毎年今頃になりますと、体調が優れない人が多いですね、季節の変わり目と、春になって気分が良くなり、外に出歩く機会が出てくるからですね、花粉でやられたら、部屋に閉じこもり暗い日々を過ごしますからね。

昔は部屋から出られない人間の為に、部屋の中から外をめて和ませる為に、色々な事が外で模様されたと言われています。

 

その一つが鯉のぼりです、こいのぼりの風習て、知っていました。55日が終わって書く所が良いでしょう。

私の田舎の高知県土佐市では「代々、侍の子孫が家の庭に」こいのぼりを高々と掲げていましたね。

 

当時の庭に立てられていたのは、鯉のぼりではなく「武者のぼり」と言われる物でした。

我が家はお寺(日蓮)でしたから、頂いた「武者のぼり ・こいのぼり」を、家の庭に掲げていました。

武者のぼりの起源は、戦国武将の「旗指物」にあるとされています。

旗指物って何?と思ったら、

時代劇の戦いのシーンで、家紋のついた旗を掲げていたり、馬に乗った武将が鎧に旗を挿して走っている。

そんな場面を、思い出してみてください。

そこで使われている旗が「指物」といわれるものです。

それにしても、戦場で使われていたものが庶民の間に浸透したというのは、不思議なところです。

 

武者のぼりを端午の節句に立てたのはなぜ?

室町時代末期の武家社会では、

「端午の節句に、旗指物を虫干しをかねて飾る」

という風習があったそうです。

端午の節句の武者のぼりは、庶民がその風習を真似た事が始まりとなり、日本全国各地で立てられるようになったと言われています。

 

旗指物と武者のぼりの違いは分かりますか。

テレビの中で目にするとおり、旗指物には家紋だけが描かれています。

庶民が立てた武者のぼりには、(中国に伝わる道教系の神)や金太郎、武者絵などが描かれていました。

鯉のぼりの一番上には、吹流しがあります。

5色(青・赤・黄・白・黒)からなる吹流しの色は、古代中国の「陰陽五行説」に由来しています。

 

陰陽五行説とは?

陰陽五行説は、この世の全ての物は、陰と陽の二つの気及び、木・火・土・金・水の五行で成り立っていると考える思想です。

 

そして陰陽五行説で表す色は、それぞれ青=木・赤=火・黄=土・白=金・黒=水となります。

五行には色だけではなく、方角や季節、人の人徳や感覚器官など以下の通り、さまざまな事が配されています。青=木・赤=火・黄=土・白=金・黒=水は大切だと言います。

 

「江戸っ子は皐月の鯉の吹流し」と言われるように、こいのぼりは「(のぼり)」とは名づけられているものの、形状は魚を模した吹流し形であるみたいです。

 

そもそも、こいのぼりは門松雛人形と同じく、江戸時代中期の裕福な庶民の家庭で始まった習慣です。

 

端午の節句には厄払い菖蒲を用いることから、別名「菖蒲の節句」と呼ばれ、武家では菖蒲と「尚武」と結びつけて男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事となった。

 

この日武士の家庭では、虫干しをかねて先祖伝来のを奥座敷に、玄関には旗指物(のぼり)を飾り、家長が子供達に訓示を垂れた。

 

一方、大きな経済力を身につけながらも社会的には低く見られていた商人の家庭では、武士に対抗して豪華な武具の模造品を作らせ、のぼりの代わりに黄表紙の挿絵などを見ると五色の吹流しを美々しく飾るようになったみたいです。

 

さらに、吹流しを飾るだけでは芸がないと考えたのか、一部の家庭で「竜門」の故事にちなんで、吹流しに鯉の絵を描くようになった。 現在の魚型のこいのぼりは、さらにそこから派生したものみたいです。

 

本来は真鯉(黒い鯉)のみで、明治時代から真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の対で揚げるようになったが、昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となったんだそうです。

 

最近では緑やオレンジ、紫、ピンクといった、より華やかな色の子鯉も普及してきており、所によっては女の子も含め家族全員の分の鯉を上げる家もあるみたいです。

 

なお都市周辺では、1980年代以降の住宅事情(庭付き一戸建て住宅の減少とマンションなど集合住宅の増加)や少子化などのため、後述の童謡に歌われるような、民家の庭に高々とこいのぼりが揚がる姿を見ることは少なくなったみたいです。

色々興味を持って調べてみると、面白いですよ、好きなように書いています。少しは勉強になりましたか。

 

ご挨拶